傷害 富坂警察

傷害事件

概要

Aさんは自転車に乗って帰宅途中、歩行者からすれ違いざまに自転車が無灯火だったことを怒鳴られ、喧嘩へと発展しました。被害者は顔面を骨折するなどの怪我を負い、Aさんは逮捕されました。

弁護活動

勾留を判断する裁判所に対し、検察官の勾留請求を却下するように申し入れを行いました。Aさんの家族、婚約者、職場の同僚からの上申書や身柄引受書を作成し、Aさんが逃げる可能性が無いことや、被害者と接触する可能性が無いことを裁判所に伝え、Aさんの釈放を求めました。

裁判所は検察官の勾留請求を却下し、Aさんは釈放されました。

その後、被害者への謝罪経過など、示談の見通しが立った報告したことで、Aさんは不起訴となりました。

悩んだらまずご相談ください。
刑事弁護の電話での初回相談は無料です。

あなたの大切な人が早期に釈放されるように活動いたします。
以下の「相談する」ボタンをクリックして
メールまたはお電話でお悩みをお伝えください。
メールの場合は箇条書きでも構いません。
確認し、改めてこちらからご連絡させていただきます。

今すぐ相談する

関連記事一覧