傷害 川越警察

傷害事件

事件概要

 Aさんは自信の生活が困窮した為、母に金の無心をしに行ったところ、母に「お金は無い」と断られ、口論となり、頭や体を殴り、打撲、や骨折などの全治 約4週間の怪我を負わせました。
 Aさんは事件の2日後に逮捕され、留置場に勾留されることとなりました。

弁護活動

 裁判では、Aさんが反省していること、社会復帰に際しての社会福祉事務所と連携を図り、福祉の受給体制を整えていること、勾留により、既に社会的な制裁を受けていることなどを疎明し、今回に限り執行猶予判決を求めました。
 求刑は懲役1年6ヶ月でしたが、判決は懲役1年6ヶ月、執行猶予4年となりました。

悩んだらまずご相談ください。
刑事弁護の電話での初回相談は無料です。

あなたの大切な人が早期に釈放されるように活動いたします。
以下の「相談する」ボタンをクリックして
メールまたはお電話でお悩みをお伝えください。
メールの場合は箇条書きでも構いません。
確認し、改めてこちらからご連絡させていただきます。

今すぐ相談する

関連記事一覧