埼玉県迷惑行為防止条例違反 川越警察署

傷害, 痴漢, 性犯罪, 条例違反, 保釈が認められた事例

事件概要

 
 Aさんは電車内で、女性に対し、痴漢行為をはたらき、現行犯で逮捕され、留置場に勾留されました。Aさんは3年前と、1年前にも同種の痴漢行為を行い、1年前の痴漢事件の際は最終的に罰金40万円の処分を受けていました。
 今回の事件は上記のような前科もあったことから、起訴され、正式な裁判が行われることとなりました。

弁護活動

 
 起訴後、すぐに保釈請求を行い、家族の協力と、本人にカウンセリングが必要性なことを裁判所へ疎明しました。
 本人と家族は保釈金を用意することが出来ず、保釈支援協会を利用し、保釈金200万円を用意することができました。裁判所は、保釈を認め、Aさんは釈放されました。
 その後の裁判で、Aさんは懲役6月執行猶予4年となりました。

悩んだらまずご相談ください。
刑事弁護の電話での初回相談は無料です。

あなたの大切な人が早期に釈放されるように活動いたします。
以下の「相談する」ボタンをクリックして
メールまたはお電話でお悩みをお伝えください。
メールの場合は箇条書きでも構いません。
確認し、改めてこちらからご連絡させていただきます。

今すぐ相談する

関連記事一覧