埼玉県迷惑行為防止条例違反 川越警察

痴漢事件

概要

Aさんは会社帰りに同僚と飲酒し、泥酔した状態で帰宅するために乗った電車内で女性に対し、痴漢行為を行い、逮捕されました。

Aさんは泥酔していて、事件の記憶がなかったものの、お酒の上での行動に責任を感じていたため、謝罪を希望していました。

弁護活動

逮捕当日にAさんの家族から依頼があり受任。

受任後直ちに検察官に対し勾留の必要が無いことの申入書を検察官に提出。検察官はAさんの勾留を請求せずに釈放しました。

当職は、Aさんの家族の協力の下、被害者と示談交渉を行った結果、示談が成立し、被害届けの取下げをしてもらうことができました。その後、Aさんは不起訴となりました。

悩んだらまずご相談ください。
刑事弁護の電話での初回相談は無料です。

あなたの大切な人が早期に釈放されるように活動いたします。
以下の「相談する」ボタンをクリックして
メールまたはお電話でお悩みをお伝えください。
メールの場合は箇条書きでも構いません。
確認し、改めてこちらからご連絡させていただきます。

今すぐ相談する

関連記事一覧