強盗致傷 川越警察

強盗事件

概要

Aさんは共犯者1人と共に、自転車で走行中の被害者に暴行を加え、反抗できない被害者から現金を奪い取ったことで逮捕され、その後に起訴されたことで裁判となりました。

被害者は前頭骨骨折等の全治1ヶ月の怪我を負いました。

Aさんは事実関係を認めていました。

弁護活動

被害者との示談交渉を行い、被害弁償をさせていただき、示談が成立。

Aさんは事件以前に足を怪我していて、手術をする必要がありました。そのため、保釈を請求しました。裁判所は保釈を認め、判決までの約1ヶ月間、Aさんは家族とともに過ごすことが出来ました。

悩んだらまずご相談ください。
刑事弁護の電話での初回相談は無料です。

あなたの大切な人が早期に釈放されるように活動いたします。
以下の「相談する」ボタンをクリックして
メールまたはお電話でお悩みをお伝えください。
メールの場合は箇条書きでも構いません。
確認し、改めてこちらからご連絡させていただきます。

今すぐ相談する

関連記事一覧

関連記事はありません。