強要 川越警察

傷害事件

概要

Aさんは以前に肉体関係のあった女性の裸の画像データを持っていたことを利用し、被害者に対し、裸の写真を撮影して自身の携帯に送ることを指示し、従わなければ、所持している画像をばらまくと脅迫しました。

被害者が実際に写真を送り、被害者に義務のないことを行わせたとして、Aさんは逮捕されました。

その後Aさんは起訴され、裁判が行われることとなりました

Aさんは事実関係を認めていました。

弁護活動

被害者に対して示談交渉を行いましたが、示談は受け入れて貰えませんでした。しかし被害弁償には応じていただくことができました。

起訴された翌日に裁判所に対し保釈請求を行いましたが、証拠を隠滅するおそれがあるとして却下されてしまいました。そこで、準抗告という手続きを取り、別の裁判官に再度判断してもらうこととなり、無事保釈となり、Aさんの身柄は解放されました。

裁判所は、執行猶予の判決を下し、Aさんは社会復帰することとなりました。

悩んだらまずご相談ください。
刑事弁護の電話での初回相談は無料です。

あなたの大切な人が早期に釈放されるように活動いたします。
以下の「相談する」ボタンをクリックして
メールまたはお電話でお悩みをお伝えください。
メールの場合は箇条書きでも構いません。
確認し、改めてこちらからご連絡させていただきます。

今すぐ相談する

関連記事一覧