恐喝 西入間警察

傷害事件

概要

Aさんは共犯者5人と共謀し、共犯者BがLINEを通じ、被害者を共犯者宅へ誘い出し、性行為に及ぼうとした際、Bがその他の共犯者3名を室内に招き入れ、被害者に対し、Bに夫がいることを理由に、「どうやって落とし前をつけるんだ」等と言い、暗にお金の要求をし、要求に応えなければ危害を加える様子を示し、脅迫し、現金と身分証を脅し取ったことで逮捕されました。逮捕後、起訴され裁判となりました。

Aさんは当初事件には無関係だと否認していましたが、後に関わった事を認めました。

Aさんは過去に同種の前科がありました。

弁護活動

被害者との示談交渉を行いましたが、被害者は示談、被害弁償に応じていただけませんでした。そこで、供託(法務局に弁済金を納める)という方法をとりました。

そして、Aさんの体調面を考慮し、保釈を請求しました。

裁判所はAさんの保釈を認め、裁判所は執行猶予の判決を下し事件終結となりました。

悩んだらまずご相談ください。
刑事弁護の電話での初回相談は無料です。

あなたの大切な人が早期に釈放されるように活動いたします。
以下の「相談する」ボタンをクリックして
メールまたはお電話でお悩みをお伝えください。
メールの場合は箇条書きでも構いません。
確認し、改めてこちらからご連絡させていただきます。

今すぐ相談する

関連記事一覧