恐喝(美人局) 西入間警察署

恐喝

事件概要

Aさんは、共犯者B・Cと美人局を実行し、被害者から現金などを脅しとったとして逮捕されました。

Aさんは共犯者とされる人物と連絡は取っていたものの、犯行現場には行っておらず、犯行については知らなかったと、事件について完全に否認していました。                                                        Aさんは10年以上前に同種の前科がありました。

Aさんには逮捕時から接見禁止(弁護士以外の面会が出来ない)となっていたため、接見禁止の一部解除を申立てましたが、裁判所は接見禁止を解かず、そのまま勾留が続きました。

弁護活動

逮捕当初は事件を完全に否認していたものの、検察の証拠が開示され、弁護士がAさんに対し証拠について確認を取って行く中で、Aさんは犯行の一部を認め始め、事前の共謀は無く、主導的な立場で指示をした訳ではないが、現場での共謀はあったと、供述を変更し、このため、被害者への被害弁償金の供託、情状証人の準備等の活動を行ないました。
今回の事件は、共犯者や関係者が複数いることや、供述の変更等保釈が難しい状況ではありましたが、Aさんの体調面が考慮されたこともあり、保釈を申請し、裁判所に許可をしてもらうことが出来ました。

裁判では、Aさんが、犯行には消極的に関与したに過ぎないことを主張し、検察官は2年6月の求刑でしたが、執行猶予の判決となりました。

悩んだらまずご相談ください。
刑事弁護の電話での初回相談は無料です。

あなたの大切な人が早期に釈放されるように活動いたします。
以下の「相談する」ボタンをクリックして
メールまたはお電話でお悩みをお伝えください。
メールの場合は箇条書きでも構いません。
確認し、改めてこちらからご連絡させていただきます。

今すぐ相談する

関連記事一覧

関連記事はありません。