当事務所が取り扱った事例をご紹介します。
刑事事件取扱件数 被疑者段階459件、被告人段階235件 合計 694件
全ての事件に所長の長沼が関わっています(2010年9月~2017年12月時点)
被疑者段階のうち活動することで、受任事件の43%の割合で公訴提起回避(不起訴・罰金)の成果を上げています。多くの否認事件の不起訴処分の成果を上げています(不起訴処分獲得の26%)。
身体拘束からの解放に尽力いたします。全国の勾留請求却下の数値が3%という状況の中、当事務所では被疑者段階のうち活動することで受任の12.8%の事件が早期身柄解放となっております(全国平均の4倍)。

【成人の刑事事件】

公訴取消獲得           1件
無罪判決獲得           3件(裁判員裁判)
認定落ち判決獲得         1件(裁判員裁判)
不起訴獲得          152件(うち否認事件 40件)
認定落ち起訴           4件
罰金獲得            47件
執行猶予判決獲得        77件
再度の執行猶予判決獲得      2件
保釈許可獲得          69件(うち否認事件  9件)

【成人の身体拘束解放の成果】

勾留請求阻止          24件
勾留請求却下          17件
勾留決定に対する準抗告認容   12件
勾留延長請求却下         2件
勾留延長決定に対する準抗告認容  4件

【少年の刑事事件】

審判不開始獲得          2件
不処分獲得            4件
保護観察処分獲得        30件
在宅試験観察処分         3件

【少年の身体拘束解放成果】

一時帰宅処分           7件
観護措置処分取消         1件

【医療観察法事件の成果】

不処遇              1件

(弁護活動一覧)
2017年
12.28 勾留延長準抗告認容決定獲得【傷害被疑事件(態様否認)】
12.27 在宅試験観察処分獲得【詐欺、窃盗・傷害保護事件】
12.26 公訴取消獲得【住居侵入・暴行被告事件(犯人性否認)】
10.01 勾留請求阻止獲得【住居侵入被疑事件】
8.29 勾留請求阻止獲得【窃盗被疑事件】
8.08 保釈許可決定獲得【連続侵入窃盗被告事件】
8.01 不処分獲得【県青少年健全育成条例違反保護事件(故意否認)】
7.25 勾留決定に対する準抗告認容決定獲得【公務執行妨害・傷害被疑事件(故意否認)】
6.14 勾留請求阻止獲得【県迷惑行為防止条例違反被疑事件】
5.25 無罪判決獲得【暴行・逮捕・傷害・保護責任者遺棄致死被告事件(裁判員裁判)の
傷害被告事件(犯人性否認)について】
5.05 勾留請求阻止獲得【事後強盗被疑事件】
3.30 保釈許可決定獲得【詐欺被告事件(共謀否認)】
2.23 原判決破棄(再度の執行猶予判決)獲得【窃盗控訴被告事件】
2.16 保釈許可決定獲得【強姦致傷被告事件(態様否認・故意否認)(裁判員裁判)】

2016年
12.21 再度の執行猶予判決獲得【窃盗被告事件】
11.25 一時帰宅処分獲得【恐喝保護事件】
9.15 保釈許可決定獲得【強盗致傷被告事件(裁判員裁判)】
9.02 勾留請求阻止獲得【住居侵入被疑事件】
8.18 勾留請求却下決定獲得【県青少年健全育成条例違反被疑事件】
8.17 勾留請求却下決定獲得【強制わいせつ被疑事件】
7.21 勾留請求阻止獲得【都条例違反被疑事件】
7.12 在宅試験観察処分獲得【傷害・暴力行為等処罰違反保護事件】
7.12 接見禁止一部解除決定に対する検察準抗告棄却決定獲得
【保護責任者遺棄致死被告事件】
6.27 勾留請求阻止獲得【強制わいせつ被疑事件】
6.02 勾留請求却下決定獲得【器物損壊被疑事件】
4.26 勾留延長決定に対する準抗告認容決定獲得
【過失運転致傷・道交法被疑事件(故意否認)】
2.17 勾留請求阻止獲得【県迷惑行為防止条例違反被疑事件】
2.13 勾留請求阻止獲得【県迷惑行為防止条例違反被疑事件】
1.19 勾留請求却下決定獲得、検察準抗告棄却決定獲得
【道路交通法違反被疑事件(態様否認)】

2015年
12.14 勾留請求却下決定獲得【都条例違反被疑事件(犯人性否認)】
12.11 勾留請求却下決定獲得【脅迫・威力業務妨害被疑事件】
12.01 勾留請求却下決定獲得【覚せい剤取締法違反被疑事件(他人使用)(事件性否認)】
7.10 勾留請求阻止獲得【県迷惑行為防止条例違反被疑事件】
6.21 勾留決定に対する準抗告認容決定獲得【脅迫被疑事件(態様否認)】
4.27 勾留請求却下決定獲得【住居侵入・窃盗未遂被疑事件】
3.27 一時帰宅処分獲得【器物損壊・窃盗保護事件】
3.15 勾留請求阻止獲得【器物損壊被疑事件】
1.28 勾留請求却下決定獲得【監禁致傷被疑事件(共謀否認)】
1.19 勾留請求阻止獲得【銃刀法違反被疑事件】

2014年
12.24 保釈許可決定獲得【強制わいせつ・県迷惑行為防止条例違反被疑事件(犯人性否認)】
12.18 勾留延長請求却下決定獲得【準強制わいせつ被疑事件(事件性否認)】
12.18 勾留請求却下決定獲得【器物損壊・窃盗被疑事件】
12.17 保釈許可決定獲得【連続傷害被告事件(事件性否認)】
12.11 勾留執行停止決定獲得【強姦致傷被告事件(裁判員裁判)】
10.26 勾留請求阻止獲得【都条例違反被疑事件】
10.23 保釈却下決定に対する準抗告認容決定獲得【強要被疑事件(態様否認)】
10.20 勾留請求阻止獲得【都条例違反被疑事件】
8.27 一時帰宅処分獲得【窃盗・暴行保護事件】
8.17 勾留決定に対する準抗告認容決定獲得【暴力行為等処罰違反被疑事件】
7.25 勾留請求却下決定獲得【窃盗未遂被疑事件】
7.21 勾留決定に対する準抗告認容決定獲得【県迷惑行為防止条例違反被疑事件】
6.30 勾留請求却下決定獲得【道路交通法違反被疑事件】
6.26 勾留延長請求却下決定獲得【窃盗被疑事件(共謀否認)】
5.08 観護措置取消決定獲得【暴行保護事件】
4.15 勾留請求阻止獲得【県迷惑行為防止条例違反被疑事件】
4.10 勾留請求却下決定獲得【県迷惑行為防止条例違反被疑事件】
3.20 勾留決定に対する準抗告認容決定獲得【県迷惑行為防止条例違反被疑事件】
3.11 勾留決定に対する準抗告認容決定獲得【強要被疑事件】
2.27 勾留延長決定に対する準抗告認容決定獲得【傷害被疑事件(誤想防衛主張)】
2.25 無罪判決獲得
【傷害・傷害・傷害致死被告事件(裁判員裁判)の傷害2件(犯人性否認)
について】
1.31 一時帰宅処分獲得【傷害・窃盗保護事件】
1.23 勾留請求却下決定獲得【傷害被疑事件】

2013年
12.20 不処遇決定獲得【殺人未遂処遇事件】
11.29 勾留請求却下決定獲得、検察準抗告棄却決定獲得
【県迷惑行為防止条例違反被疑事件】
5.16 勾留決定に対する準抗告認容決定獲得【県迷惑行為防止条例違反被疑事件】
4.21 勾留決定に対する準抗告認容決定獲得【暴力行為等処罰違反被疑事件】
3.12 在宅試験観察処分獲得【傷害、暴力行為等処罰違反保護事件】
2.21 保釈許可決定獲得【強制わいせつ被告事件(態様否認)】
1.31 勾留執行停止決定獲得【傷害、暴力行為等処罰違反被疑事件】

2012年
12.20 勾留決定に対する準抗告認容決定獲得【公務執行妨害・公用文書毀棄被疑事件】
9.14 認定落ち判決獲得
【強盗致傷・強制わいせつ致傷→傷害・強盗・強制わいせつ被告事件
(裁判員裁判)(故意形成時期の争い)】
9.13 保釈許可決定獲得【強制わいせつ・準強制わいせつ被告事件(事件性否認)】
5.08 保釈却下決定に対する準抗告認容決定獲得【器物損壊被告事件(犯人性否認)】
4.02 保釈許可決定獲得、検察抗告棄却決定獲得【強制わいせつ被告事件(事件性否認)】

2011年
10.06 勾留延長決定に対する準抗告認容決定獲得【窃盗被疑事件】
9.09 一時帰宅処分獲得【暴力行為等処罰違反保護事件】
8.25 勾留決定に対する準抗告認容決定獲得【傷害・恐喝未遂被疑事件(事件性否認)】
8.13 勾留請求阻止獲得【傷害被疑事件】
7.31 勾留請求阻止獲得【窃盗被疑事件】
7.04 勾留請求阻止獲得【公務執行妨害被疑事件】
4.12 不処分獲得【住居侵入保護事件(被害者の同意主張)】
3.28 勾留請求阻止獲得【自動車運転過失致死被告事件】
3.08 勾留請求阻止獲得【児童買春・児童ポルノ違反被疑事件】
1.22 勾留請求阻止獲得【県迷惑行為防止条例違反被疑事件】

2010年
12.15 勾留請求却下決定獲得【県迷惑行為防止条例違反被疑事件】
10.15 一時帰宅処分獲得【住居侵入保護事件(被害者の同意主張)】
10.01 一時帰宅処分獲得【傷害、暴力行為等処罰違反保護事件】
9.26 勾留決定に対する準抗告認容決定獲得【威力業務妨害被疑事件】
9.21 勾留請求阻止獲得【器物損壊被疑事件】
8.19 勾留請求阻止獲得【傷害被疑事件】
6.25 執行猶予判決獲得【傷害致死被告事件(裁判員裁判)】
6.18 保釈却下決定に対する抗告認容決定獲得
【自動車運転過失傷害被告事件(結果回避可能性なし主張)】
5.25 勾留請求阻止獲得【窃盗被疑事件】
5.13 保釈許可決定獲得、検察準抗告棄却決定獲得
【県迷惑行為防止条例違反被告事件(犯人性否認)】
3.09 勾留請求却下決定獲得【県迷惑行為防止条例違反被疑事件】
2.08 保釈許可決定獲得【傷害致死被告事件(裁判員裁判)】
2.04 保釈許可決定獲得【窃盗被告事件(事件性否認)】

2009年
11.27 勾留決定に対する準抗告認容決定獲得【風適法違反被疑事件】
9.05 事務所開所