暴行(少年)  川越警察所

暴行, 暴力事件, 少年事件

事件概要

 
当時中学生の少年が、学校内で教師に対し、手で胸部を突き飛ばす暴行を働き警察を呼ばれ逮捕されました。少年は逮捕後、観護措置がとられ、少年鑑別所に移送されました。

弁護活動

 少年の素行状況を確認した上で,家庭裁判所に対し、事件前後の状況、逮捕後少年が反省を深めていることを疎明し、保護者と家庭裁判所が面談を行った上で、観護措置を取り消すように求める意見書を提出。
 保護者の積極的な協力もあり、家庭裁判所は観護措置を取り消し、少年は逮捕から15日目で釈放(一時帰宅)となりました。
 その後、家庭裁判所で審判が行われ、少年の処分は保護観察処分となった。

悩んだらまずご相談ください。
刑事弁護の電話での初回相談は無料です。

あなたの大切な人が早期に釈放されるように活動いたします。
以下の「相談する」ボタンをクリックして
メールまたはお電話でお悩みをお伝えください。
メールの場合は箇条書きでも構いません。
確認し、改めてこちらからご連絡させていただきます。

今すぐ相談する

関連記事一覧