窃盗・傷害 川越警察

窃盗事件

概要

 Aさんはスーパーで万引きをし、店の警備員及び店員に取り押さえられる際、腕に噛みつく等をして、相手に怪我を負わせたことで現行犯逮捕されました。
 Aさんは1年ほど前から万引きを繰り返していましたが、逮捕されたのは今回が初めてでした。

弁護活動

 被害者の怪我の程度は加療2週間程度のものでしたが、当職が被害者、被害店舗との示談交渉を行い、示談が成立しました。
 その後、保釈請求を行い、保釈の許可を判断する裁判官に対し、Aさんは余罪も含め罪を全て認めていること、保釈後はAさんを家族が監督すること、窃盗癖の傾向がある為、診察を受け医師の判断の下、専門的な治療が必要であること等を疎明したことで、保釈の許可を得ることが出来ました。
 裁判では上記の事情に加え、保釈中も通院し治療(病的窃盗)を続け、本人が事件を振り返り、反省し、更生意欲を強めていること、保釈中も家族が協力し続けていること等を疎明し、執行猶予判決を求めました。
 判決は懲役1年4ヶ月、執行猶予4年となりました。

悩んだらまずご相談ください。
刑事弁護の電話での初回相談は無料です。

あなたの大切な人が早期に釈放されるように活動いたします。
以下の「相談する」ボタンをクリックして
メールまたはお電話でお悩みをお伝えください。
メールの場合は箇条書きでも構いません。
確認し、改めてこちらからご連絡させていただきます。

今すぐ相談する

関連記事一覧